一年近く取り組んでいた新刊の原稿が終わり、緊張の糸が切れたのか惚けているこの頃です。

 

数ヶ月ぶりに風邪をひき、

牛乳をしまうはずが熱々のヤカンを冷蔵庫にしまおうとしたり、

紅茶を入れた熱々のサーバーを戸棚にしまおうとしたり。

 

睡眠はとっているのですが、寝ぼけているとしか思えないようなミスを連発しているので、脳みそが疲れ果てているのかなと思いました。

それで、もう何も考えずにぼーっとする時間を持ったほうがいいなと思いました。

頭を働かせず、瞑想するみたいに頭の中も静かにして、何も考えずに休めたいなと思ったのです。

f:id:mount-hayashi:20171125174853j:plain

 

最後に「何もしない」をしたのはいつ?

しかし、何もしないって難しいんですよね。

風邪でしんどくて、ちょうど休みだったので1日寝て過ごそうと思ったのですが、

なんだかんだ布団にスマホを持ち込んだり、本を持ち込んだり、映画を観てしまったり、iPadを持ち込んで絵を描いてしまったり

ついつい何かしら脳を働かせることをしてしまいました。

 

たぶん、何もしないって、現代人にとってとても難しいことなんだと思う。

最後に「何もしなかった」のっていつだろう?

スーパーのレジ待ちで並んでいる数分ですらスマホを取り出すし、地下鉄に乗れば音楽を聴きながら本を読み、お風呂にもスマホを持ち込んで読書している。いつでも、活字や動画など視覚的刺激を受け続けている。

もう何ヶ月も「何もしない」をしていない。

そんなことに気づきました。

 

だから、意識して「何もしない」をしようと思いました。

 

意識して「何もしない」をする

活字を読まずにただぼうっと外の景色を眺める。

最後にそれを実行に移せたのは、長距離移動の電車の中。

電車に乗ってただ移動するのが好きなのだけど、旅を終えると頭がすっきりするのだ。

本も読まずスマホも見ずに、ただ通り過ぎる景色や空をぼーっと眺める。

難しいことも考えず、ただただ無心で外を眺める。たまに眠る。

規則的な揺れが心地よい。数時間ののち、電車から降りた時にはどこかスッキリしている。

あれこそが、「何もしない」時間だったと思った。

www.minimalistbiyori.com

 

あの時間をもとう。

ぬるめの温度の温泉でぼーっと浸かり続けるとか、

ただ電車に乗るだけの旅を計画するとか、

家でスマホを持ち込まずに昼間から布団に入るとか。

そういうことをしようと思いました。

おわり。

シンプル思考&暮らし 

 

関連記事

www.minimalistbiyori.com 

www.minimalistbiyori.com

LINEスタンプ発売中