2/28に新刊が発売しました。
お手にとっていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。


ほぼ日手帳に絵日記を書くときに使っているペンをご紹介します。

「色を塗った時に輪郭線がにじまないか」を第一に選んでいます。

インクがなくなったら新しいペンに手を出していますので、新たに試したらまたここに追記していきます。

これらのペンを集めれば、ほぼ日手帳に絵日記ライフを楽しめるんじゃないかと思います。

https://www.instagram.com/p/BJSV3j9BZhi/

ほぼ日手帳に絵や文字を書くのに使っているペンたち。instagram@ofumi_3

輪郭線&文字に。着色してもにじまない。
  • 着色は用途別で
  •  

    輪郭線&文字に。着色してもにじまない。

    rotring tikky graphic 0.1

     0.1/0.2/0.4を持ってます。

    ほぼ日手帳の紙「トモエリバー」と相性が良く、にじまずスーッと滑るように書けます。

    主に文字を書くときに使っています。

    インクは補充型ではなく使い切りタイプ。1本380円くらいでお安いです。

     

    rotringといえば製図ペン。学生時代から使っています。

    ちなみにrotringのインク補充型のペンは1本3000円します。最近は使ってないけど。

    ロットリング 製図ペン ラピッドグラフ 0.2mm 1903236 正規輸入品

    ロットリング 製図ペン ラピッドグラフ 0.2mm 1903236 正規輸入品

     

    ペン先を落とすと一発アウト、繊細なペンです。

    締め切り前に徹夜して意識が朦朧としてきても、絶対に手から落としてはいけないペンなのです。

    これは絶対に落としてはいけないんだ!と思うと落とさないものですね。

    プラスチックのガラケー時代は落としまくっていたのに、繊細なiPhoneに変えてからは落としたことないですし。心持ち次第なんですね。

     

    人物イラストの輪郭線に 

    ステッドラー ピグメントライナー  0.1mm ブラック 308 01-9

    ステッドラー ピグメントライナー 0.1mm ブラック 308 01-9

     

    0.1と0.2を持っています。

    線が細くて細かめの絵を描くときに重宝します。

    私服の制服化、などの人物イラストによく用いています。

    https://www.instagram.com/p/BF-G4tOJHRY/

    instagram@ofumi_3

    https://www.instagram.com/p/BH4YhKcBfny/

    instagram@ofumi_3

     

    ちなみに拙著『服を減らせば、おしゃれになる』はこのペンで書きました。

    rotringに比べるとインクの黒が若干薄い(グレーっぽい)ように思います。

    服を減らせば、おしゃれになる

    服を減らせば、おしゃれになる

     

     

    極細線はコレ

    SAKURA MICRON PIGMA 0.05

    サクラクレパス ピグマ005?くろ?ESDK005#49

    サクラクレパス ピグマ005?くろ?ESDK005#49

     

    細っ!な線を引けます。

    極細なのに、ペン先が詰まる感じがなくて書きやすいです。

     

    ちなみに上記の3つのペンは、

    輪郭線を描いて乾いた後に、水彩ペンcleancolorやコピックで上から着色しても、線がにじみません。

     

    着色は用途別で

    細かい部分が多い場合や、ぼかしを楽しみたい時に

    Kuretake ZIG Clean Color Real Brush Pen, Light Carmine Ink

    Kuretake ZIG Clean Color Real Brush Pen, Light Carmine Ink

     

    呉竹のclean colorを愛用しています。

     

    人物の服のように細かく描きたい時、緑いっぱいのお庭のスケッチなどぼかしを楽しみたい時に使っています。

     

    https://www.instagram.com/p/BHt7gKPhJui/

    https://www.instagram.com/p/BItNKB_BaAQ/

      

    大面積を塗ろうとするとインクがかすれる感じがあるので、大面積には適していないと思います。

    このペンが素晴らしいのは、ほぼ日手帳トモエリバーと相性抜群なところ。

    トモエリバーの上で描くとインクがスーッとすべるように塗れて、色が混ざり合いやすいです。

    ※画用紙に塗るとインクがどんどん紙に吸収されてぼかしにくいと感じました。

    トモエリバーのために作られたんじゃないかってくらい塗りやすいし、塗っていて心地よいです。

     

    そしてさらにありがたいことに、ほぼ日手帳のような薄い紙でも裏うつりしません。

    ※インクが濃い色だと裏面に透ける感じはありますが、裏うつりはない。

     

    あとは、「ちょっと旅先に持って行ってスケッチしたいなー」「旅先でも絵日記描きたいなー」って時に、

    キャップのついたペンタイプは持ち運びが便利です。

    ↓こういう水彩パレットだと洗ったりする必要があるし、なんだかんだ手間なんですよね。今日はスケッチするぞー!っていう日ならいいんだけどね。 

    呉竹 水彩セット 透明水彩セット フィス KG301-1 14色セット

    呉竹 水彩セット 透明水彩セット フィス KG301-1 14色セット

     

     

     

    色の種類が豊富なのも嬉しい。

    これで1本200円とリーズナブルなのもありがたい。

    このペンを揃えておけば、ほぼ日手帳ライフは満喫できると思います。

    ちなみに、ほぼ日手帳に描きためた断捨離絵日記が本になった、拙著『ミニマリスト日和』の着色はすべてclean colorで塗ってました。 

    ミニマリスト日和

    ミニマリスト日和

     

     

    大面積を塗るときに重宝!コピック

     

    建築のスケッチ、インテリアパースで床や壁を一色でどどーんと塗りたい時に重宝します。

    https://www.instagram.com/p/BHZuxgEBX7h/

    #女性セブン の取材記事でもちらりと書いたのですか、家具をアウトドア用品に変えていけたらなぁと思っています。 #家具のアウトドア化  instagram@ofumi_3

     

    一度手を出すと病みつきなくらい、大面積塗りがしやすいです。

     

    ただ手帳の裏面に思いっきり裏うつりするので、

    裏面に何も書かないことを前提に使うならアリだと思います。

     

    シンナー臭がしますが、書き続けていくうちに不思議と慣れてきました。

    小学生の頃からお小遣いを使って月に数本ずつ買いためてきました。

    それプラス、先日どどんと大人買いした分で合わせて70本くらい。

     

    大面積部分はコピックで塗って、

    細かい部分は水彩のclean colorで塗る、というようなダブル使いもします。

    コピックの上にclean colorを重ね塗りもしています。

    コピックスケッチ12色?人物を描くためのセレクト1

    コピックスケッチ12色?人物を描くためのセレクト1

     

     

     

    Too コピック スケッチ 36色セット

    Too コピック スケッチ 36色セット

     

     

    「ほぼ日手帳に描く時に使いやすいペンはありますか?」

    というご質問があったので、

    わたしはこんなペンを使っていますよーという紹介をさせてもらいました。

     

    ==手帳について知りたいことがあれば。ブログテーマ3選== 

    ほぼ日手帳 愛用者♪

    文具・文房具

    手帳パラダイス

     

    関連記事


    www.minimalistbiyori.com

    www.minimalistbiyori.com

    www.minimalistbiyori.com  

    LINEスタンプ発売中