先日、帰省した際に友人に会ったのですが、

「出版祝いに」と花束をいただきました。

とっても嬉しくて、高速バスの帰り道、大事に持って帰りました。

https://www.instagram.com/p/BEDgedbJHST/

instagram@ofumi_3

 

どこに飾ろうか悩んだ結果、

リビングの壁に掛けている手ぬぐい額縁を掛け軸に見立てて、

その下にスツールを持ってきて、簡易床の間的スペースを作ってみました。

ここに季節の花を飾りたい。手ぬぐいも季節に合わせて変えてもいいかもしれない。

茶室に学んだインテリアにしたい、が今年の目標です。

茶室に学び、部屋をしつらえたい。 - ミニマリスト日和

ちなみに、手ぬぐいはmina perhonen、ビニールの花瓶はD-BROS、ガラスの一輪挿しは松本クラフトフェアで買ったもの、ピンクの花たちを生けてあるのはジャムの空き瓶、スツールは自作したものです。

  • セルフ塾「花のある暮らしをするために」
  • 必要になって初めて情報に気づける
  •  

    セルフ塾「花のある暮らしをするために」

    ヨガとシンプルライフのみうさんに教えていただいた、りんかさんのブログ366日のとっておき家事

    昨日から読み始めたのですが、セルフ塾という素敵な取り組みをされていて、

    わたしもやってみよう!と思いました。

    blog.livedoor.jp

    セルフ塾とは?

    STEP1:テーマ決め 「~学」「~論」をつけると雰囲気が出る
    STEP2:マインドマップなどでアイディアを出してみる
    STEP3:学習期間・頻度を決める
    STEP4:「ねらい」を決める
    STEP5:学習スケジュールを決める
    STEP6:スケジュール表を作る
    STEP7:週間(習慣)計画で実際にやってみる
    STEP8:卒業論文をつくる

    セルフ塾のシラバスを作ってみる : 366日のとっておき家事

    覚えたいことに「~学」や「~論」とつけてみると、それだけでレッスン風になる気がします。
    たとえば、こんな感じ。

    • 和食学
    • 洗濯学
    • 美文字学
    • 手相学
    • 野菜学
    • カラーコーディネート論
    • 美肌学
    • 栄養学

    もっと細かくしてみるとさらに取り掛かりやすいかもしれません。
    たとえば、「洗濯学」を細分化して、
    「洗剤論」「アイロン学」「干し方研究」など。

    セルフ塾のシラバスを作ってみる : 366日のとっておき家事

    わたしの場合は「花のある暮らしをするために」というテーマで学びたい。

    学習のねらい

    1.花を長く楽しむために、花のお世話技術を身につける

    2.花瓶と花のあしらい方を学ぶ

    3.花の名前や雑学を知る

     

    授業内容

    ・素敵な生け方をしている実例をスケッチし、どこが素敵だと思うかメモを書き込む。

    ガラスの花瓶だけでなく、空き瓶や器を使った生け方、身のある植物の生け方の実例を収集したい。

    素敵だなと思ったら、どこに惹かれているのかを分析してみる。

     

    ・花を生ける際に、茎の切り方や水の替え方を学ぶ。

    断面は給水しやすいように・・・とか色々あるんだろうなと。

     

    ・一週間に一度、花屋さんに足を運ぶ

    スーパーで食材を買う時に、花屋さんにも足をのばしてみる。

    花に触れる機会を増やす。(頻度は要検討)

     

    ・花を買うときに、店員さんに花の名前を聞き、花の名前を知る。

    花の名前、全然知らないので。

     

    ・花をスケッチする

    葉脈がどうなっているのか?花びらはどんな形をしているのか?

    花を観察してスケッチしてみることで、花について知る。

    必要になって初めて情報に気づける

    今まで、ズボラゆえに花をうまく管理できず、すぐに枯らしていました。

    それが悲しくて、花は素敵だと思っても手を出さないようにしてきました。

    花束をもらっても、管理できる母にあげたりして。

    「自分には関係ない」と思っていたので、雑誌やInstagramで見かける花の写真も目に入ってこなかったです。

     

    物が減ってから、ここ最近は家事も楽しんできるくらい心のゆとりができて、

    花を飾ることにチャレンジしたいなと思い始めていました。

    そんなときに立ち寄った図書館で「暮しの手帖」をパラパラと読んでいると、

    花のある暮らしの特集ページが目にとまりました。

    「こんな生け方があるのか」

    「こんな器に生けてもいいんだ」

    と興味深く読みました。

     

    見えてるようで見えてない。

    必要になって初めて見えるようになる情報。

    そういうものってこの世にたくさんあるんだろうな。

     


LINEスタンプ発売中