ささやかな、本当にささやかな目標を立てていたんです。11月の頭に。
それは、花屋で花を買った時に花の名前を恐れずに聞き返すこと。
IMG_4390

いやいや、そんなこと?と思われるかもしれませんが、割と勇気がいるんですよ。
だって、2,3種類組み合わせてある季節の花束なんて買った日には、一度聞いたくらいでは5秒と覚えていられません。
しかも普段聞きなれない文字の並び。

「え、なんですか?え、もう一度。すみませんメモするのでもう一度いいですか?」
と3回くらい聞き返さないといけないので、
つい恥ずかしくてなんて言われたのかわからないまま
「あ、そうですか。ありがとうございます」
なんて言ってそそくさと帰ってばかりでした。
花を買い始めてもうかれこれ3年、ずっとそう。

これではいつまで経っても花の名前を覚えられないので、これはいかんと一念発起。
恥ずかしがらずに花の名前を聞き返しまくる、という目標を立てました。
で、先日それを達成したのです。えらい。自分を褒めたい。

目標は、わかるまで名前を聞き返すこと

ちらっと先日のブログにも書きましたが、リューカデンドロンを買いました。
ほら、名前を聞き返せばブログに花の名前もすらすらと書けるのです。おお、進歩。



私「すみません、これなんて名前ですか?」
店員さん「リュー…デン…ロンです」
私「え?もう一度」
店「リュ…カデンドロンです」
私「リューカ…ドロン?」
店「ええとですね…」
私「あっすみません、メモするのでもう一度お願いします」
店「リューカデンドロンです」
私「リューカ、デン、ドロン、ですね」
店「そうですそうです」

この恥ずかしいくらい聞き返すやりとり、ちゃんとしました。
自分としては大進歩です。

名前がわかると、思い入れも変わる

「これはなんて花なんだろう」と思いながら生けるのと、
「これはリューカデンドロンというのだ」と思いながら生けるのでは思い入れが変わると思いませんか。
変わります、実際。

水を替える度に「君の名前はリューカデンドロン!」とポケモンマスターみたいな気持ちで(?)語りかけるようになりました。
(あれ、確かポケモンって捕まえたら名前つけられましたよね?ポケモン赤以降全くプレイしてないので淡い記憶。)
次回以降も恥ずかしがらずに花の名前を聞き返していきたいと思います。
▶︎暮らしごと。
おわり。