2/28に新刊が発売になります。Amazonで予約も始まっています。 
お手にとっていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。


新刊発売のお知らせです。
2月28日に『バッグは3つあればい 迷いがなくなる「定数化」』が発売になります。

バッグ3

こうして新刊を出させていただけるのも、いつもブログを読んでくださっている皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

『バッグは3つあればいい』は「定数化」のお話です。ものの数を決めると物量がリバウンドせず、身軽に暮らせるというお話について書いています。

ものの数を決めれば、リバウンドしない

ものを減らしてから、フットワークが軽くなりました。
以前は家事を終えてからでないと出かけたり遊んだりしてはいけないと思っていました。しかしものが多すぎて家事に取り掛かるのが億劫でそのまま放置、「やらなきゃ…」と思いながらソファで横になって気づけば夕方に、「せっかくの休日なのに今日も何もできなかった」と落ち込むことがよくありました。
ものを少なくしてから、洗濯も洗い物も片付けも掃除もぐっと楽になりました。さっと家事を終えて出かけられるようになり、1日の中における自分の時間が増えました。
ものを少なく保つことのメリットを知ったからこそ、この状態をキープしたいと思いました。
そのために力を発揮してくれるのが、定数化なのです。

意識せずに暮らしていると、ものは増えていく

断捨離してもものは増えていくもの。それもそのはず、生きているだけでものはどんどん部屋に流入してきます。
街を歩けば魅力的なものが並んでいます。外出すると買うつもりもなかったものを買ってしまうことも多いのでは。少なくともものの数に無頓着だった汚部屋時代の自分はそうでした。企業が本気を出して開発し、広告を打ち、ものを配置し接客しています。そうやって街に並ぶものが欲しくなるのは当たり前かもしれません。
他にも本来1つあればいいはずのものも、忘れると増えていきます。 モバイルバッテリーを忘れて出かけて急場凌ぎで買い足したり、傘を買い足したり。
自分の意思で買うという形でなくても、ものは増えていきます。ポストからはチラシが、外を歩けばポケットティッシュが、コンビニで惣菜を買えばお箸やスプーンが、取引先からノベルティをもらったり、あらゆるところからものは流れ込んできます。意識して断らなければものはどんどん増えていきます。
数を意識することでものが増えるのを防げます。
例えば、「キレイめショルダーバッグは1つあればいい」と決めていれば、店頭で気になるバッグを見つけても「私にはもうお気に入りが1つあるから」と納得でき、物欲をクールダウンさせられます。
そんな風に、持ち物ひとつひとつに定数を決めていきます。 モバイルバッテリーは1つ、傘は1本、日焼け止めは自宅用と持ち歩き用に1つずつ、コートは気温別に1着ずつ…というように。
その数を守るために習慣をほんの少し変えることで、ものの数が増えるのを防げます。

定数化のメリット

0204_cover_m

以前私はコットンのショルダータイプのカラーバッグばかりいくつも持っているのに、キレイ目のバッグが全くないという状態に陥っていました。好みのままに買うといつも同じようなものに惹かれてしまい、似たものばかり持っていたのです。
自分の暮らしを見直してみて、「お出かけ用キレイめ」「荷物が多い日のお出かけ用」「アウトドア用」と用途別に1つずつあればいいと気づきました。私にとってはバッグは3つあればいい。
人によってはここに「仕事用バッグ」「パーティー用バッグ」が入ってきたりと、その人の職種や暮らしによって必要な用途は違ってきます。
自分の中で定数を決めてみることで、同じようなバッグをいくつも買うようなことがなくなります。 今持っているものより気に入ったなら、1in1outを検討します。そうすればものの総数は増えません。

また、数を絞ることで1つ1つにかけられる予算も上げられて、買い物に慎重になるので自ずとお気に入りのものだけ持つようになります。
自分の持ち物に不透明な部分がなく、人生における探し物の時間もなくなります。
そうやってものを少なく保つことでもののために必要なスペースも小さくなり、住むエリアの選択肢も広がります。

欲しいものを何もかも諦めるのでもなく、欲しいままに際限なく買うのでもなく、節度をもってものをもつための方法が定数化です。
ものが際限なく増えるのを防ぐ仕組みづくりが身軽な物量を保つコツです。
身軽に暮らしたいけれど結局のところ何をいくつ持てばいいのか悩んでいる人、物欲に振り回されて困っている人、物量のリバウンドに悩む人にとって少しでも助けになれば幸いです。


Amazonで予約が開始されました。
お手にとっていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

LINEスタンプ発売中