2/28に新刊が発売しました。
お手にとっていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。


買い物には、買うことで気分の上がる買い物と、逆に気分と自己肯定感が下がる買い物がありますよね。
忘れたからと出先でモバイルバッテリーを買うことは、その際たるものだと思っています。
IMG_8612


忘れたばかりに買い足すことになると自己嫌悪に陥る

朝から晩まで外出する際にモバイルバッテリーを忘れると不安です。
地元で一人で出かけるならまだしも、誰かと待ち合わせたり乗り換えが必要な場合には充電が切れたら家に帰りつけないとすら思います。乗り換えアプリなしで乗り換えできない…。
そういう場面ではモバイルバッテリーを買うと思うんですが、「家にあるのにまた買ってしまった…」という自己嫌悪に陥ります。
自分が忘れたばっかりに、家にあるものを複数買ってしまった。しかも複数あるからと言って暮らしがより便利になるわけではなく、結局お気に入りのものを使うからタンスで眠るだけなのに私は私は私は…とネガティブスパイラルに入り込んでしまいます。

IMG_8610
『バッグは3つあればいい 迷いがなくなる「定数化」』より

コンビニに駆け込んで電池式のモバイルバッテリーを買ったりすると、その日以降は使わずにタンスの肥やしになってしまいがちでした。電池が4本も入ってると重いし、電池が切れたら買い足さないといけないのでモバイルバッテリーとしての安心感が低いというか…本当に買っても日常生活ではほぼ急場凌ぎでしか使わないです。
(ただ、災害時には活躍するという話を聞きました。電気が通っていなくても電池をストックしておけば充電できるからですね。
それにしたって電池式のモバイルバッテリーを3つも4つも持つ必要はないですよね。いざという時用としても1つあれば十分なはず。)

普段持ち歩くなら、薄くて容量が大きいお気に入りのモバイルバッテリーが1つあればいい。
その数を守るためには、習慣から変えていかなければなりません。
どんな天気の時も折り畳み傘を持ち歩くことで傘を忘れるということがなくなり、ビニール傘を買わなくて済むのと同じ論理で、常に充電して常備する必要があります。

「財布・携帯・鍵・そしてモバイルバッテリー!」同じくらい必携品だという意識づけをする

私は出かけたらモバイルバッテリーをスマホとセットで充電することにしています。
IMG_8611

そして出かける時には、財布・携帯・鍵と同じくらい重要なアイテムとしてモバイルバッテリーを持ったかどうか指差し点検します。

出かけた時に財布を忘れていたら取りに戻りますよね? 家の鍵をかけ忘れたらかけに戻りますよね?
モバイルバッテリーもそれらと同等の扱いをするのです。
財布と同じくらい忘れたら困るものだと認識するのです。

思うにガラケー時代はモバイルバッテリーを持ち歩いたりしなかったじゃないですか。動画を観るわけでもなく、SNSも今ほど充実しておらずmixiでテキストを読むくらいなもので、充電もそうそうなくならなかったし。
だからモバイルバッテリーを持ち歩くって、スマホが主流になってから加えられた持ち物なんですよね。ここ7,8年で追加された新しい習慣なのです。
なので「まあないならないでいいか」あるいは「電池がなくなってきてからその存在を思い出す」というものなのだと思います。

ならばその存在に慣れるまで意識づけをするしかありません。
家を出る前に「財布・スマホ・鍵・傘そしてモバイルバッテリー!」と指差し点検をしてみてください。これを2週間も続けていれば定着すると思います。

定数を決めても、その数を守るには習慣から変える必要があります。
バッグだけでなく家具や文具や食器など暮らしを構成するいろんなものの「定数」について、新刊『バッグは3つあればいい』に書きました。
先月末に発売になりました。こちらの本もどうぞよろしくお願いいたします。 書店にて紙の本でも、電子書籍でも販売中です。
IMG_8484


関連記事
暮らしの見直し 

LINEスタンプ発売中