2/28に新刊が発売しました。
お手にとっていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。


食器はこれだけ。食器棚の中身を公開します。
IMG_8820

食器は「上限量」を設定。ここに入るだけ。

新刊『バッグは3つあればいい』でも紹介しましたが、食器はこれだけです。

食器は定数を決めておらず、本来小物入れであるコンポニビリ(3段)にしまっています。


なぜ定数を決めていないかといえば、定期的に割れるからです。
(夫が食器を割る天才) 放っておくと減っていく一方なので、生活に支障が出てきたら買い足して数を補っているので、変動します。

小物入れコンポニビリを食器棚として代用

以前一軒家に住んでいた時、高さ1800mmくらいの立派な観音開きの食器棚が備え付けられていました。
それにかまけて二人暮らしにも関わらずどんどん食器が増えていっていました。 しかし引っ越すことになり、食器棚を買うかどうか決断を迫られました。
食器棚っていいものを買おうとしたら結構な値段しますよね。 その頃には断捨離を開始していて、身軽になるために小さな面積の部屋に引っ越しを決めたのに、食器のために高いお金を出して食器棚を買うのは本末転倒だと思い、買わない選択をしました。

そこで、リビングの小物入れとして使っていたコンポニビリを食器棚として代用することにしました。
プラスチック素材なので水拭きできるところもいいなと。取っ手が丸く切り抜かれた穴なので密閉はできませんが、便利に使えています。
IMG_2459

食器はこれだけ

食器棚という名のコンポニビリの中身はこれだけです。
IMG_8821


皿 6枚
深さのある器 6枚
小皿 5枚
コップ類 6個
グラス 2個
ワイングラス 2脚

左上から順に、錫製のタンブラー。ビール飲むとうまいです。
ピンクのグラスは、ブルーのものと番でしたが割れました。 赤いワイングラスもペアでしたが片方割れました。 グレーの湯のみもペアでしたが片割れのみが残っています。

丼も同じくですね。というかこれは口が欠けていて早く買い換えないと思いながら半年以上経ちました…やちむんの丼が欲しくて民芸のお店を見かける度に店員さんに聞いているのですが、希望のサイズのものに出会えません。実物見て決めたいんだよなぁ…。

一番よく使っているのは、真ん中のミナペルホネンのお皿です。カレー、パスタ、創作麺、焼いた肉etc… 立ち上がりがあるので何を盛っても食べやすくて重宝しています。
友人にプレゼントしてもらって7年近く使っていましたが割れたので、自分で買い直しました。

なんかこうやって器を並べていると、創作そうめんパーティーとかしたくなりますね。
薬味や具をお皿に盛ってテーブルいっぱいに並べてみんなで食べたいです。


新刊『バッグは3つあればいい』では、食器だけでなく調理器具や家電についても書いています。
私と夫は利き手が違うので、それぞれが料理しやすいように形のフライ返しを1つずつ持っています。数を減らそうとするあまり料理のやる気まで削いではもったいない。道具は料理のやる気をあげてくれます。
IMG_8824
こちらの本もどうぞよろしくお願いいたします。


関連記事
すっきり暮らす

LINEスタンプ発売中