2/28に新刊が発売しました。
お手にとっていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。


年がら年中顔色が悪い人間なので、頬と唇に色を入れないと「今日体調悪い?大丈夫?」と聞かれます。
会社員時代、チークと口紅を塗り忘れるとこの言葉をよくかけられてました。
その度に、しみじみと「チークと口紅の効能ってすごいな…こういうアイテムがこの世にあってよかったな…」と思っていました。

一昨年の秋くらいからずっと気に入って使っているリップスティックを紹介します。

ポーチにいつもこの口紅を携えて

AE98D35D-CE89-4A8B-8186-1FF0AD77E5ED
B67FACC5-7C21-447F-88B1-201F9F6C0B3A


NARSのリップスティック #1078を使っています。
なんせ顔色が悪いのである程度色づきがよくないと健康そうに見えないので、この赤みがほど良いです。
もう少し薄づきのオレンジがかったピンクやうすーいピンクだと、ちょっと顔色の不健康感に負けるというか…それでいて「真っ赤!」という感じにならないので気に入っています。

そんな理由でこのリップを気に入って使っているのですが、どうやらこの色は廃盤になってしまった模様。
困ったな〜使い切ったらどんな色に買い換えよう?近い色だとこの辺かな??

NARSの容器のシンプルなところが好き

とはいえ、買い換えるとしてもまたNARSのものにすると思います。
化粧品のほとんどはNARSのものを使っています。その理由として、第一に容器がミニマルでかっこいいこと。

ポーチの中身の色がバラバラだと嫌だなという個人的感情から、色味は黒ベースに白字の容器のものと決めています。

今回の新刊『バッグは3つあればいい』の中でも「定色化」のお話をしていますが、タオルの色は青系に、化粧品は黒ベースの容器のものに統一しています。
視界に入った時に色が整っているとすっきり見えて、使っていて心地よいためです。
9681C2A1-7DEA-4275-A34A-A671AAF2FE27
もし同じような使い勝手でも容器が派手なもの(真っ赤だったりゴールドの装飾的なものetc.)と、手持ちの他の化粧品と調和する色味のものが並んでいたら、間違いなく後者を選びます。

ただ、さすがに容器重視で中身が肌に合わず荒れてしまっては本末転倒です。
NARSはそこもクリアしていて、ファンデーションも口紅もチークもアイシャドウも、ここ5年ほどNARSばかり使っていますが全然荒れないので私の肌には合っているようです。


定色化や化粧ポーチの中身について書いたこちらの新刊もどうぞよろしくお願いします。

LINEスタンプ発売中