2/28に新刊が発売しました。
お手にとっていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。


もう春も終わり、初夏に突入しましたが…今年の春はだいたいこんな装いをしていました。
a51e6f84

081cb37b

結果的に昨年春&昨年秋と同じ装いでした。 春と秋は気候はほぼ同じだからね。
つまり服っていうのは春秋用・冬用・夏用があればいいんですよね。

春は気温別にアウターを選ぶ

2月に発行した新刊『バッグは3つあればいい』でも書いたんですが、気温別にアウターを持っています。
IMG_8221
『バッグは3つあればいい』より

春は冬よりの春から夏よりの春まで気温の変化が激しいので、最高気温を見てアウターを決めます。 14℃を下回ったら冬用コート、18℃以下ならトレンチコート、それを上回り23℃以下なら紺のMA-1を着ています。23℃を上回るとシャカシャカのパーカーを着ています。

3月上旬はグレーコート、下旬から4月上旬はトレンチ、4月下旬からは気温によってMA-1の日もあればシャカシャカパーカーの日もある、という感じでした。

透けワンピースは難易度が高かった

春先に「今年の春は透け感のあるワンピースを取り入れたい」と書いていたのですが、実際に試着してみたら難易度が高すぎてやめました。
979e71fd-s

この手帳に描いたような透け感ある黒のワンピースを試着してみたのですが、思ったよりテラテラとしていて光を強く反射する素材でした。一言で言えばパーティー感が強すぎました。

なんせ服の数を絞って毎朝服選びに悩まなくて済むように「私服の制服化」に取り組んでいるくらいなので、選び抜いた服は日常的に気軽に着たいんですよね。着るのに「エイヤっ」と勇気が必要な服は結局あまり着ないまま季節が終わってしまうことが多いので、諦めました。写真で見たときは一目惚れしたほど惹かれたのですが、やっぱり試着してみないと自分に合うかどうかはわからないですね。

代わりにコットンのロングシャツワンピースを買いました。

近いイメージのものを探しましたが、これよりもう少し丈が長いです。足首にかかるくらいの長さのものを買いました。
ロングカーデのように羽織りとしても使えてかなりいい買い物でした。
春は羽織りとしてヘビロテしましたが、夏は一枚でワンピースとしてまた活躍しそうです。

夏の私服の制服化も考えつつあるので、また紹介しますね。
おわり。

関連記事

LINEスタンプ発売中