2/28に新刊が発売しました。
お手にとっていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。


今日はやめてみてよかったものを振り返ります。
この時期になると「そう言えば以前はセールに行っていたな」ということを思い出します。

セールに行くのをやめた。

1つの季節ごとに3パターンくらいのコーデを用意し、それを制服のように順番に着るという「私服の制服化」に取り組み始めて5年経ちますが、その頃からセールで服を買わなくなりました。

私服の制服化に取り組んでから、服を買う時期が変わりました。
その季節、例えば秋服なら夏のまだ暑い頃からどんな服を着るか考え始めます。そして秋服が「new arrival」ゾーンに並び始めた頃に買うようになりました。

どんな色・形のアイテムを持つか事前に計画を立てるので、買い物も計画的にするようになりました。
明確に欲しいものを決め込んでいて、その条件に合うものをいくつかの店舗を回って試着しながら決めていくので、色やサイズが豊富なうちに買っておきたいんですね。人気の色は早々に完売してしまうので、秋服が並び始めたらすぐに買い物を済ませておきたいのです。

もうその季節が始まってからセールは開始します。
もう夏服を着ている暑い頃に夏服のセールがあるので、そのシーズンの夏服の制服とするには、セールだと買うタイミングが遅すぎるんですね。

また、制服のようにコーデを決め込んでいると、他に特に新たなアイテムが必要だと思っていない状態なので、セールに行ってもしょうがないということになります。

つまり「あってもなくてもいいけれど、ちょっといいなと思ったものを、その季節が始まってから買う」のではなく「事前に検討した上で本当に必要だと判断したものを、その季節が始まる前に買う」という買い物スタイルに変わったので、セールに行く必要がなくなったのです。

セールは焦燥感との戦い。買い物で失敗しないために、季節が始まる前に買う。

店頭に足を運ぶことで、事前に雑誌やネットで調べているだけでは見つけられなかったものに出会えたりします。
実際、今年の春は透け感のある黒のワンピースを買うつもりで意気込んでいましたが、何店舗か見てみて「パーティー感が強すぎて普段着られなさそう」と判断して、コットンのロングワンピースに変更しました。
偶然の出会いで買うものを検討するにしても、色もサイズも豊富なセール開始前に買います。 なので、夏も冬もセールには行かなくなりました。

同じものがセールまで待つことでお得に買える可能性があるのはわかっています。それがセールの魅力ですよね。 けれど、セールは焦りとともにあるので買い物に失敗するリスクも高まると考えています。
試着室に入るために長時間待ったり、人ごみの中服を探したり、これを手放したら他の人に買われるかもという焦燥感の中で買い物をする、ということから無縁になりました。
同じようなものをすでに持っているのに買ってしまったり、色や形やサイズが微妙に合わなくて買ったはいいがあまり着ないまま手放したり、という失敗を過去にたくさんしてきたからこそ、もう買い物での失敗は減らしていきたいなと考えています。
人が少ない時に落ち着いて判断する。それが買い物で失敗しないコツだと思っています。
IMG_5721
どれもセール期間が始まる前に買ったもの。ジーンズは3年半、青いTシャツは1年、黒いTシャツは3年選手。

やめてみてよかったもの。『いい住まい』さんの無料プレゼント企画のお知らせ。

他にもやめてみてよかったものって結構あります。
習慣もあるし、物理的なものでも。 ベッドはなくてはならないものだと思っていたけれど案外手放してからの方が暮らしが楽になったり、ソファを手放してからの方が夫婦二人のびのびくつろげるようになったり。
もちろん、家庭ごとの事情があります。それぞれの家庭の過ごし方によって、あった方がいいもの、なくてもいいものというのは変わってきます。

我が家はほんの5年ほど前には汚部屋状態だったのですが、 これを減らしてよかったな、この家具家電をなくしても案外問題なかったな、逆にこれは買ったことで自由時間が増えたな、というものや事柄を振り返って、資料にまとめてみました。
毎月連載でお世話になっている「いい住まい」さんで、ミニマル生活のコツをまとめた資料『おふみの知恵袋』を無料プレゼントする企画が始まりました。
イラストと文章で、やめてよかったものを紹介しています。結構ボリュームあります。気になる方はこちらからどうぞ。
おわり。

こちらもどうぞ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

LINEスタンプ発売中