物を減らしてから、"家の中"でのなくし物は減りました。

「定位置を決めて、使ったらすぐ戻す」を徹底するようになったからです。

探し物をするという時間がほとんどなくなったのは、少ない物で暮らすことの大きなメリットの一つだと感じています。


けれど、出かけた時にものをなくすということはたまに起こります。

バッグによって物をしまう場所が決まっていない場合があるからです。

例えば映画館に入って、映画を見ている間イヤリングやネックレスを着けていると肩が凝るなと感じて外し、映画が終わった後も忘れて帰宅して、数日後に「あれ、あのイヤリングとネックレスどこ?」となることがちょくちょくあります。

こういった場面ごとに、収納場所を決めておくのがいいのだと思います。

このリュックならこのポケットに、ショルダーバッグの場合は小さなポーチに、トートバッグの場合はこの内ポケットに、という具合に「ここを探せばいい」という場所が決めておくことでなくし物を減らせるはず。

探すことが多いものは、USB、アクセサリーです。小さくて持ち運びするものはなくす可能性が高いので、定位置を決めていきたい。

それぞれのものの収納場所を決めていこうと思う今日この頃です。


いい住まいさんで『おふみの相談室』連載第9回「物をなくさないためにはどうしたらいい?」が公開されました。

IMG_8508

私なりの気持ちの切り替え方などについてお話を交えつつ、なくし物をを見つけられるというおまじないの話や、物を減らして定位置を決めてからなくし物をしなくなったというお話をしながらご相談に回答しました。 

LINEスタンプ発売中