PHP『くらしラク〜る 1分片づけ術』に寄稿しました。イラストと文章を6P分書かせていただきました。
0909of

IMG_9061

そしてこちらの本を読んで、今すぐ取り入れたいことがたくさんありました。布団の中で読んでいたのですが、片付けたい!という気持ちが湧き上がって、思わず立ち上がってしまいました。
もうかなり物の数は絞ってすっきり暮らせていると思っていたのですが、勉強になることがたくさんありました。生活に取り入れたい3つのことを紹介します。

イラストと文章を6P分寄稿しました。

そちらにイラストと文章を寄稿しました。私が書かせていただいたページで6Pあります。
IMG_9062

私は『「数」を決めれば家は自然と片づく!』というタイトルで、定数化について書かせていただきました。
身軽になりたいと願っていても、毎日を当たり前に暮らしているだけで物はどんどん部屋に入ってきます。忘れ物をして同じものを買い足したり、衝動買いしたり、ノベルティをもらったり。
そこで傘は1本、モバイルバッテリーは1つ、白いスニーカーは1足、バッグは3つといったように物の数を決めることで、物が増えるのを防げるようになりました。
私が定数化、定量化しているものやその数、収納法についてご紹介しました。


思い込みを取り除けばイライラも取り除ける

今朝布団にこの本を持ち込んで読みふけっていたのですが、何枚もスマホでメモがわりに写真を撮ってしまうほど参考になる情報がありました。 
私はもうある程度物の数は落ち着いてきているし、それほど試したくなることもないのかもしれない…などと思って読み始めたのですが、取り入れたいことがたくさんありました。

ひとつ大きく影響を受けた文章があります。 安藤俊介さんの『”思い込み”を取り除けば家事はイライラしない!』という記事です。
掃除は必ず上から下に順に、洗濯物は家族全員分たたんで収納する…そういった自分にとっての「理想の家事」を「絶対のルール」と思い込むと、それが達成できない時にイライラしてしまう。
例えば洗濯物は家族各自のかごを用意して、それぞれに放り込んで終わり。あとは各自でたたむというルールに変えれば、自分1人でたたみ作業を全て担わなくてもいいということが紹介されていました。

言われてみれば確かに。
我が家では洗濯カゴが1つで、夫と私のものをごちゃまぜに入れています。
これをたたんで所定の場所にしまって洗濯終了だと考えており、大抵は私が2人分たたんでいました。
けれど、忙しいタイミングだとたたみ作業は後回しにしがちで、そうなると夫が朝に自分の服を探してカゴの中身を全て床にひっくり返して、バタバタと出かけていって床に洗濯物が散乱したまま…ということを幾度も繰り返してきて、それを見るたびにイライラしていました。
これもカゴをふたつにすれば解決する話だったんですね。目から鱗でした。
それだけで家事について家族にイライラすることが減りそうです。

片付けられないのは、変化を嫌う人類の本能

『片付けられない性格は変えられる!』という勝間まなみさんの文章になるほどなと膝を打ちました。

片付けようとする心にブレーキがかかるのは、本能が関係している。
太古の昔、人類は環境を帰ると命を落とす危険性にさらされていた。狩に出かける道を変えると道に迷ったり動物に襲われたり崖から落ちる可能性がある。いつもと違う野草を食べることで死ぬ可能性もある。
そんなことが何度もあると脳は今までと違うことをする(変化)と命を落とす可能性があり危険だと記憶し、遺伝子によって伝えられ、本能として今の私たちに残っている、ということでした。

つまり、三日坊主になるのは本能が変化を嫌うことで起きる現象なのだということ。
『くらしラク〜る2019.10』「片付けられない性格は変えられる!(勝間まなみ)」  より
部屋をきれいにしても、それが普段と違う環境を生み出し、落ち着かないから元に戻そうという反応が起こる。

何をしても続けられないのは本能からくるものであって、あなたが悪いわけではないということ。
『くらしラク〜る2019.10』「片付けられない性格は変えられる!(勝間まなみ)」 より

なるほど…とため息が出ました。いや、確かにそうだな。変化は怖いもの。
私が今すっきりした部屋を保つことができているのは、それが今の自分にとって「当たり前」になったからだと気付きました。
少しずつじわじわものを減らして徐々にすっきりした部屋に変えていき、気づけばすっきりした状態が当たり前になるようにじっくり環境を変えていく必要があるんですね。
そう考えると1日1捨を目標にして片付けを開始したのは間違いではなかったのかもしれない。

ということは、片付けに限らず何か新しいことを初めて習慣にしたいと思った時にこの方法が生かせるはずです。
私は今月の目標として「新しいことを始める」を掲げていて、毎晩3時間絵の練習時間を設けると決めました。これも、「それが当たり前」と思える状態にできればいいんですよね。毎晩当たり前にすることの中に絵の練習を組み込みたいと思います。

読んですぐさま夫に電話した。ここだけは即きれいにしたい場所7つ

他にも、ゲッターズ飯田さんの『こんなものを家に置いてはいけない!』という記事も目を皿にして読み込みました。
特に『ここだけは即きれいに!家の運気を決める7大スポット』は、読んだ瞬間に片付けをしたくなりました。
しかしその瞬間私は実家にいたので夫に即電話をかけて、私が不在の間その場所を清潔に保つように伝えました。
例えば玄関は仕事運に関連する場所だそうで、すなわち経済状況に関わってきます。靴を出しっ放しにしたり捨てる前のゴミ袋をとりあえず置きしておくのは運を損ねることになるそうです。

すぐさま行動を起こさせるほど片付けしたい欲求が刺激されました。
他6箇所も掃除したくてうずうずしています。 読んだらこの7箇所はすぐさま掃除したくなるので、ぜひお手にとって読んでみてください。


この本を読んで、すぐさま生活に取り入れようと思ったことがいくつもありました。何から手をつけていいかわからない方も、もうある程度片付いているなと感じている方にも勉強になる内容がたくさん詰まっていると思います。

おわり。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

こちらもどうぞ

LINEスタンプ発売中