9月って儚いですよね。30日しかないし、秋の香りがし始めるし、暑いんだか涼しいんだかわからない気温に振り回されている間に一瞬で終わってしまいます。
先月よく読まれた記事を振り返ります。
先月は秋を前半と後半で分けて秋服を買い揃えたので、私服の制服化に関わる記事がよく読まれました。一石二鳥の肩甲骨はがしも根強く読まれました。
9F602092-BD39-4282-8A3C-2AA37A9C7B18


5位 1年前と今では必要な靴が違う。靴を手放した話

白の革スニーカーとの付き合いは2015年から。このまま痛む度に1in1outしながら一生一緒に過ごしていくんだと思ってた。
けれど、仕事が変わったことで長時間立ち仕事+オフィスカジュアルという縛りがなくなり、必要な靴が変わってきました。
というわけでこの3足だったところから、1足減って9月は2足で過ごしました。

4位 台湾旅行3日目。魂に刻まれた旅の鉄則

この記事がよく読まれたのが意外でした。
魂に刻まれた旅の鉄則を気にかけていただけたのでしょうか。
いや、あまりにハラハラしたので本当に魂に””刻まれ””ました。

3位 前半の秋服を買い揃えた

秋服は前半と後半に分けるべきだと、私服の制服化に取り組んで5年目にしてようやく気づけました。
秋は前半は夏寄りだし、後半は冬寄りなんですよね。気候でぱっきりと服を分けて制服を組み立てて、気温によってコーデを選択すれば楽だと気付きました。

e7f8e376-s

今回の買い物、めちゃくちゃ気に入っています。
個人的買い物ルールに則り、1日で買い物し終えました。

2位 肩甲骨をはがしてみたら、ウエストが細くなった

この記事は春に書いたものでしたが未だによく読まれています。

ead9434b-s

私も一ヶ月間肩甲骨はがしをしてみてびっくりしました。
ダイエットのダの字も意識していなかったのに、一ヶ月後に鏡を見たら明らかにウエストが引き締まっていたので…肩甲骨にしか意識を向けていなかったので驚きました。一石二鳥なのでおすすめ。

1位 1シーズン10着前後が経済的にも着まわし数的にも丁度いい

私服の制服化に取り組んで5年、見つけたことは「1シーズン10着前後の服があれば丁度いい」ということ。

夏は9着くらいあればいいし、春や秋は10着、冬は重ね着するので10着プラスいくらかの服があればいいなと感じています。
この数を守れば、押入れの半分に一年分の服が全てスッキリ収まることをお約束します。
10着もあれば3パターンはコーデを組めるので、これだけあれば仮に私服で仕事していても十分じゃないでしょうか。あるいは仕事用にオフィルカジュアルで別途服を用意していて、休日のみ私服を着るのであれば3パターンもあれば十分回していけると思います。

私はある程度流行を追いかけたいので、10着のうち半分くらいは毎年入れ替えします。
このくらいの数なら買い替えしても経済的に負担が少ないと思っています。少数精鋭なら一着一着にかけられる金額も上がります。
今回の買い物はほぼZARAでしたけどね。


ちなみに秋の私服の制服化、コーデ1つめはこれです。

個人的に思い入れのある記事

三連休に大掃除ならぬ「中掃除」しました。大晦日という真冬&忙しい時期にやるより、身体的にも精神的にも楽なんですよね。

買い物リストがあると本当に便利。一緒に買い物に行く人に見せて「今日はこれが欲しい」と伝えておくと一緒に探してくれたりしてありがたい。同じように相手の欲しいものも聞いておいて自分も探すのを手伝うのもまた楽し。

増税しちゃいましたね。トイレットペーパーを普段置いている場所に置ききれないほど過剰に買ってもしょうがないなと思って見送りました(収納スペースが潤沢なら買ってもよかったと思うんですけどね。)
単価の高い消耗品に絞って駆け込みで買いました。

12人のファッションイラストをカラー診断用に描かせていただきました。思い入れのあるお仕事です。

おわり。

cd8108b7-s
そういえばこのイラストのメイキング動画をInstagramにあげてみたので、ご興味あればよかったら見てみてください^^




LINEスタンプ発売中