今月のゆるい目標は健康です。

友人との会話をきっかけに「座りすぎると健康寿命が縮む」という記事を読んで、座る時間が長い私は30分に一回タイマーをかけてふくらはぎを動かすことを目標に据えることにしました。
IMG_3102


12月のゆるい目標は「脱座りすぎ」

先日友人と話していた時に、「座りすぎは健康によくない」という話題に。
私も以前これに関して記事を読んだことがあり、記憶に残っていました。

座った状態は、第二の心臓の活動停止状態なので死亡リスクが上がるということです。
どういうことかといえば、座っている状態だと、第二の心臓と言われるふくらはぎの活動が停止状態に陥っていることになります。
下半身に下りた血液を心臓に押し戻すポンプの働きが停止して、全身に酸素や栄養を送る血流が滞ってしまう。
「その状態が長引くほど、いわゆるドロドロ血と言われる状態になって血栓ができやすくなる。血栓は、がんを含むあらゆる病気に多く見られる血管トラブル。血栓が血管に詰まって静脈血栓塞栓症を引き起こせば、即、死に至るケースもあり得る」(岡教授)

座りすぎの死亡リスクは最大40%増——日本人は世界一座りすぎているより

座りすぎ、怖っ。
座りっぱなしで、後でまとめて運動時間をとっても相殺されないらしい。
友人との会話をきっかけにこの記事を読み返し、30分に一回は歩き回ったり、足を曲げ伸ばししようと決めました。



30分に一回ふくらはぎを動かそうと決めた

ならどうすればいいのか?
記事には、こんな風に座ればいいと書かれていました。
【健康寿命が伸びる座り方のポイント】
・オフィスでも、30分から1時間に一度はトイレ休憩、飲み物や資料を取りに行く、不要な書類をシュレッダーにかけるなどのブレイクタイムを取る。
・ブレイクタイムの目安は、30分に1度の場合は3分間、1時間に1度の場合は5分間。
・なかなかブレイクタイムを取れないときは、座ったままかかとを上げ下げする、膝を伸ばして脚を上げる、脚を上げた状態でつま先をまっすぐ伸ばしたり直角に立てたりする。

座りすぎの死亡リスクは最大40%増——日本人は世界一座りすぎているより

ということなので、まずはデスク作業の場合30分に1回タイマーをかけ、
タイマーが鳴ったらトイレに行ったりお茶を淹れに立ち上がって歩くこと、
作業が乗りに乗っている時で立ちたくない場合は足を曲げ伸ばしして、ふくらはぎを動かすことを習慣にしようと決めました。

なので12月の目標は、「デスク作業の際に30分タイマーセット、歩いたり足を曲げ伸ばしして寿命を縮めないこと」です。

YouTubeにアップしている動画は全て自分で編集しているのですが、ついつい夢中になって数時間デスクに座ってPCにかじりついてしまいがちなので、本当に気をつけたいです。
旅のVLOGや、冬の私服の制服化、今年買ってよかったものなどアップしたい動画もたくさんあるので、30分タイマーを習慣にして編集作業したいと思います。

チャンネル登録していただけたら嬉しいです。




おわり。

▼ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

こちらもどうぞ。

LINEスタンプ発売中