ハロウィンが終わると街が一斉にクリスマスムードに包まれますよね。
店頭のディスプレイもカフェに入った時もBGMも街灯のイルミネーションもクリスマスを感じさせるものになりますが、私はこの期間の街の雰囲気が結構好きです。

クリスマスはモノではなく、音と味で楽しむことにしています。

飾り物はしない。音で楽しむ。

ワイヤーで作られた繊細なツリーを丸い木のコースターに乗せて卓上に飾ったら綺麗だろうなとか、
玄関に木製の小ぶりなツリーを置いたり、陶器でできたサンタの置物をミニチュア椅子に乗せたりしたらかわいいだろうなとか、
リビングの壁に木の実がちょこちょことついたクリスマスリースを飾ったら素敵だろうなと考えたります。

トゥイッグクリスマスツリー シルバーセット
こういう飾り、かわいいですよね。

ウィンドウショッピングしているとクリスマス的な小物がたくさん並んでいるので、自分もひとつ買って部屋に飾ろうかなんて気持ちになりますが、季節のイベント用のものは1年で1ヶ月くらいしか飾っておけないもの。
あとの11ヶ月は部屋のどこかにしまわれて眠っています。
そのための保管スペースも必要ですし、一年後にまた思い出して飾る必要がありますが、私は普段目につかない場所にあるものの存在を思い出して飾るというマメなことができそうにないなと思ってしまいます。

また、クリスマスの飾りって大抵キラキラしているので設置しているだけでキラキラした粉(ラメ?)があたりに落ちて、またこれが服につくととれにくいんですよね。
前職ではクリスマス用品を設置している期間はキラキラの掃除に悩まされていました。
このキラキラがかわいいんですけどね。

我が家ではクリスマスの飾りものはしません。
代わりに音で楽しみます。

IMG_3190


JAZZやbossa novaといった、カフェで流れているようなクリスマス特集のプレイリストをSpotifyで流します。


また、外食した時にお店で流れるクリスマスソングを聴いて「クリスマスが近いなぁ」と耳を楽しませます。
クリスマスは音で。これで十分楽しい気持ちになれます。

プレゼント交換はしない。味で楽しむ。

夫と付き合って1年目くらいまではクリスマスのプレゼント交換をしていたような記憶があるのですが、人からもらったものってものとしての役目を終えても手放しにくいですよね。
いつからか形が残るタイプの自分が欲しいものは自分で買うことに決めました。
なのでプレゼント交換もしていません。(誕生日も同じくです。)

代わりに味で楽しみます。
チキンを予約したりケーキを予約するのは億劫なのでしないのですが、
代わりに12月上旬くらいにパン屋さんでシュトーレンを買います。


今年はこのパン屋、次はこのパン屋という感じで、毎年味の違いを楽しんでいます。
クリスマスまでの数週間、切り分けて少しずつ食べるのが楽しみなんですよね。

ちなみにシュトーレンを切り分ける時に端から切りたくなりますが、
真ん中から切るのがうまく保存するコツです。
真ん中を食べる分だけ細く切って抜き取り、空いた隙間を埋めるように左右をきゅっと中心に詰めると断面が空気に触れないので、長く保管できるのです。
パン屋で習いました。

おわり。

▼ポチッと応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


こちらもどうぞ。

LINEスタンプ発売中