前にもブログに書きましたが、ハロウィンやクリスマスツリー、正月飾りなど季節の飾り物はしていません。
もの自体も飾ることも好きでしたが、自宅で飾り物をすると飾っている期間の掃除・時期が終わったらしまうこと・保管が面倒だなと感じたので、
家では飾り物はしないという選択をしています。

けれど、それも家庭ごとに季節飾りとの付き合い方を見つけていけばいいと考えています。
例えば、小さなお子さんのいるご家庭では情操教育的に季節の飾りをしていたりもすると思います。
クリスマスツリーを飾ったり、アドベントカレンダーでクリスマスを心待ちにしたり、しめ縄などを用意したり、季節を感じる生活を通して人類の築いてきた文化を学ぶのは素敵なことだなと思います。

また、飾ることが好きならその気持ちを諦めることはないと思っています。
なんのためにものを減らしているかと言えば、好きなことを楽しむため。
それ以外のものを減らして、掃除やメンテンアンスの手間を軽減して自由時間を増やしているので、その自由時間は好きなことに充てたらいいと考えています。
季節飾りをしたいなら、その気持ちに蓋をせずに楽しみましょう。そのために他のいろんなことを断捨離しているのです。

Pasted Graphic

『いい住まい』さんで毎月連載させていただいている『おふみの相談室』、
今回は、飾ること自体は好きだけれど物を出したりしまったりするのが億劫だという方からのお悩みにお答えしました。

このお悩みに対して、下記の3つの提案をしました。
1.立体物を飾る。上限を決めて、それを超えそうになったら入れ替えをする。
2.飾りはするけれど平面で楽しむ。
3.飾り物以外で楽しむ。

201912soudanshitsu1

1つめについては、
クローゼットに上限があるために、もう着ないかなと思う服を手放すように、季節飾りも流動的に入れ替えていくという提案です。
これは季節飾りに限らず、あらゆるものに適応できる考えで、これを守れば物量が爆発的に増えることは防げるはずです。

それぞれ、イラストと共に図解しながら解説しています。
詳しくはこちらからどうぞ。

LINEスタンプ発売中