先日、個人宅に整理収納のお手伝いに行ってきました。

ご夫婦と猫2匹と共に生活されていて、洋服を押入れに収納されています。

wp-5145-illu
おふみの知恵袋vol.02『住まいの収納見直しBOOK』無料プレゼントより

ふすまが3枚分あり、構造上一度に1枚のふすましか開けられません。
今回のお悩みは、夫婦の平日朝の仕事前の仕度時間が重なるため、どちらかが衣類を取り出していると別のふすまを開けることができず、朝の忙しい時間に”待ち時間”が発生してしまい、同時に仕度ができないという悩みを抱えていました。

スクリーンショット 2020-02-18 15.13.07
おふみの知恵袋vol.02『住まいの収納見直しBOOK』無料プレゼントより

こんな流れで整理収納のお手伝いをしました。

ふすまをやめてカーテンにする……?

ふすまをやめてカーテンで仕切るという方法も考えたものの、ふすまのような開けづらい構造でないと猫が押入れ内に侵入してしまうので、カーテンにはできません。

解決の糸口は「分類」にあった

さらに、押入れの構造上、奥行きの深い部分がふすま1枚分、残り2枚分は奥行きが浅く、プラスチックの衣類収納ケースが入れられる場所は奥行きの深い右側のみ。
さて、どうするか。
解決の糸口は「分類」にありました。
現状の衣類の収納について分類から探っていくと、現状は人物別に衣類が分類されて、その中でさらに細かくオンオフに別れていました。
これを「人別」ではなく「オン・オフ別」にすれな解決するのでは……?

分類と収納の配置と収納方法を見直していくことで、
パズルを当てはめていくようにものが収まっていき、同時に仕度をするという希望を実現できました。

『住まいの収納見直しBOOK』無料プレゼント中

この日の整理収納の流れをふまえながら、整理収納を快適にするコツをまとめた『住まいの収納見直しBOOK』を、無料プレゼントするキャンペーン中です。

毎月『おふみの相談室』を連載させていただいている『いい住まい』のサイトでご応募いただけます。
20200218_y


実際の整理の様子を写真つきで掲載しながら、イラストを添えて解説しているので、収納のコツをご自分に応用する上で使える一冊になっているかと思います。
A4用紙にして10P分の大ボリュームです。
また、引き続き、おふみの知恵袋vol.1のプレゼント企画も行っています。(こちらもイラストと文章で解説したもので、A4用紙10P分のボリュームです。)

こちらからどうぞ。


おわり。

こちらもどうぞ。

LINEスタンプ発売中