何かをなくしてそれに慣れてしまえば、持っていたことすら忘れてしまうものですね。
かつて持っていたけれど、手放してかれこれ5年以上持っていないものがあります。

IMG_7610


水切りかご

一つ目は水切りかご。


一軒家に住んでいた時は対面キッチンだったので、作り付けの食器を伏せておく水切り棚がありませんでした。
そこで水切りかごを買ったのですが、水をシンクに流す形で配置しないといけないので作業台の一番使い勝手のいい位置を水切りかごが占めることになります。これが料理の時に邪魔で邪魔で……。
水切りかごなしでも暮らしている人がいると知り、試しに手放してキッチンペーパーや布を敷いてそこに伏せて、すぐに拭いていくということをしてみて、案外これでもやっていけるとわかったので水切りかごは手放しました。

その後引っ越した賃貸には2軒とも水切り棚が備え付けられていたので、これ幸いと使っています。

三角コーナー

二つ目は三角コーナー。


どの家庭でも割とシンクの隅に置いてありますよね。
一人暮らし時代から一軒家時代までは置いていたのですが、ここに食材のヘタやお茶っぱなどを捨てて、それはそれとして洗い物をした時に調理器具についた食材などは排水溝の方の水切りネットに溜まっていきます。
主なゴミは三角コーナーに捨てるので排水溝の方はあまりゴミが溜まっておらず、けれどそれを放置するのもなぁということであまりゴミの溜まっていない排水溝の方のネットも三角コーナーのネット交換と同じタイミングで交換していました。
毎日どちらの水切りネットも消費していくのがもったいないなと思っていました。
これなら排水溝の方に一本化してゴミを貯めて一気に変えた方がいいのでは?と思い、三角コーナーはなくしました。

あって当たり前だと思っていたものでも、なけりゃないで全然問題なく暮らせるなと思います。
多分人間にあらかじめ備わっている適応力というものも大きいんでしょうけど。
きっと今後の人生で三角コーナーをもう一度買い足すことはないだろうなと思います。

定数ゼロにしているものってありますか?
教えてもらえたら嬉しいです。

おわり。

▼ぽちっと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


こちらもどうぞ。


LINEスタンプ発売中