外出する機会が減って、ぐっと視力が落ちたように感じます。
朝起きた時に、寝室から隣の部屋の壁にかかった時計を見ると、以前よりも文字盤がぼやけて見えるようになったなと感じています。

外を歩くと自然と数メートル先に視線を向けますが、ずっと自宅にいると仕事中はPCの画面、休憩中は手元のスマホの画面を見ていて、遠くに意識を向けることがないんですよね。

これはいけないなと思い、最近やめてしまっていた眼筋トレーニングを復活させました。
c8fc9686c1bf6467a20dd9212406eadf1d7d6f4c


この遠近ストレッチと眼輪筋ストレッチは2018年にしばらく取り組んでいて、
2017年と2018年で比較した時に、健康診断で両目ともに0.1視力がアップしたので、信頼しています。
13581ff659e72b52ca7deb4a2d5f808207f6a228
左が2018、右が2017の健康診断。




■遠近ストレッチ
1.指を目の前15センチの距離に持って着て、5秒間見る。

2.次に腕をできるだけ遠くに伸ばして指を5秒間見る。

3.視界の中で最も遠くを5秒間見る。

4.伸ばした指を5秒間見る。

5.目の前15センチまで指をもってきて5秒間見る。
これを1日に5回行う。
ちなみに、2と3は裸眼だとピントは合いませんが、ピントを合わせるつもりで見ます。指を見た後に遠くを見た時、指の本数が1本から2本に見えれば正解です。



■眼輪筋ストレッチ
目のまわりの筋肉である眼輪筋のストレッチ。目を時計回りや反時計周りに大きくグルグルと1分ほど動かす。1日に数回行う。
私は視線を誘導するために人差し指で∞の字を描いて、それを追いかけるように目をグルグル回しています。



■ツボおし
攅竹(さんちく)というツボを、息を吐きながら5秒間押す。攅竹はまゆの内側のへこんだ部分。一度に3回、これを1日に5回行う。


https://www.karadane.jp/articles/entry/news/007556/

これを、トイレに立つたびにすることにしました。
少なくとも1日に4〜5回は遠くを見ることができます。

詳しい方法はこちらをどうぞ。やり方の動画が載ってます。


コロナ流行以降、追加された習慣がいくつかあります。
顔筋トレーニングをしたり、お酒を減らすために工夫したり。

家にいる時間が増えたことによって、逆に健康を手に入れたいです。


おわり。


▼ぽちっと押して応援していただけるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


こちらもどうぞ。

LINEスタンプ発売中