ものを買うときに、それが”動かせるかどうか”で、おおまかに色を決めています。

動かせるもの(カバンに入れて持ち運べるもの)の場合は赤、
インテリアなど部屋の表に飾っておくもの(耐久消費財的なもの)はブルー系
としています。

色を決めておくと、
買い物の時に悩まなくてすみます。

また、インテリアの色についてあらかじめルールを作って守っておけば、悩むことなくお部屋の統一感を出せます。

持ち運ぶものは赤

IMG_3526


面積が大きすぎないものは赤。
真っ赤〜ちょっとくすんだ赤を選ぶことにしています。
昔から真っ赤っかが好きで、視界に入ると気分が上がるので。



IMG_3530
メガネケース


IMG_3528
ほぼ日手帳のカバー


IMG_3529
カキモリで作ったオーダーメイドノート


IMG_3531



IMG_3527
筆箱

ブックカバー(ここに写ってないですが)

どれも赤です。

共通しているのは、カバンの中か引き出しの中にしまうものであるということ。

部屋の表におくものは青

部屋の表に置くものは、大まかにですが青系に統一しています。

IMG_3532
掛け時計

IMG_3533
ファブリックパネル

7d4c7901
椅子の張り地

20200623bagof
PCケース
(PCスタンドに置いてるので部屋の中でいつも視界に入る)
1937b3b2
(このスタンドの上にノートPC、下にPCケースを置いています。)


どれもブルー系(青〜緑の間)です。


この色を選ぶ理由ですが、
家具の木部は基本的にナチュラル系の色味と決めているので、
木部と調和する色だというのがひとつ、
色が強すぎないので部屋が落ち着くというのがひとつです。


色を決めておくメリットと、色彩学の話。

まとめると

・カバンや収納にしまっていて、使うときだけ視界に入る小物は赤
・部屋の表に常に出ていて、耐久消費財的な、ある程度面積の大きいものはブルー系

という色選びのルールがあります。



ルール化することのメリットは、いくつかあります。

・ものを買う時に色で悩まなくて済むということ。
・新しくINしても、これまでに買ったものと自然と色が調和すること。

この二点ですね。


そういえば大学時代に色彩の授業で習いました。

動かすことを前提にしたものは派手な色にしてもよい。(携帯・車など)
動かせないもの、面積の大きいものは落ち着いた色の設計をした方がよい(建築物など)

という話。


自分の持ち物を振り返ってみると、動かせるものは派手色・面積が大きく動かしにくいものは落ち着いた色になっていて、v 法則に則っていたので、なるほどと思いました。

これは柏市の色彩景観の考え方について書かれたページですが、近しいことが書いてあります。


建築物等に使用される色彩は、非常に面積が大きいので、例えば洋服などと同様の感覚で用いると意外なほど刺激が強く感じられることから、より慎重な色使いが必要となります。
特に概観は、街並みを構成する役割の一部を担うことから、隣り合う建築物、自然景観など、周辺の色彩とのつながりを充分に考慮することが望まれます。
色彩景観の考え方




上の文章は都市計画についての内容ですが、
自分の暮らしに照らし合わせてみても、
面積が大きいものに用いる色は、洋服などど同じ感覚で用いると刺激が強く感じられるので慎重な色使いが必要。
隣り合うものなど、周辺の色彩とのつながりを十分に考慮すべきということ。

このあたりの考え方を、部屋づくりに生かせると思います。



おわり。


▼昨日ポチしてくださった読者さま、ありがとうございます!
いつも応援ありがとうございます。
こちらのバナーをぽちっと押して応援していただけるとすごく嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


こちらもどうぞ。


定色化するといいという話は、自著『バッグは、3つあればいい』でもお話ししています。

f432fcc3

IMG_4641

お手にとってみていただけたら嬉しいです。


LINEスタンプ発売中