秋冬は手が荒れてくるので、そろそろハンドクリームが必須になってくる頃合いです。

私は普段ゴム手袋を使用して洗う+秋冬はハンドクリームを塗るようにしています。
数年前まで寒冷地に住んでいて、なおかつ職場で頻繁に手を洗っていたのですが、秋冬はさかむけと乾燥が酷かったので、このふたつは欠かせなかったのです。


10月の上旬から、「5日間手肌チャレンジ」なるものをしてみました。
この投稿をInstagramで見る

秋冬は手が荒れるので、そろそろハンドクリームが必須になってくる頃合いです。 ドイツ生まれの食器用洗剤フロッシュに変えて、5日間手肌チャレンジをしてみました。 ノンアルコール処方なので手肌に優しく作ってあるとのことなので、 ・手肌の様子を見るためにハンドクリームは塗らずに ・素手で食器の洗い物をしてみました。 この洗剤は5年くらい前に一度内祝いでもらったことがありました。 きつい匂いがないからいいなぁと思っていました。 大抵10月にもなるとハンドクリームを塗らないとさかむけが気になってきたり、爪の周辺が乾燥して硬くなり荒れてくるのですが、 5日後の写真を見ていただくとわかると思うのですが、荒れていません。 夏の指先のままという感じ。(夏はハンドクリームなしでもそれほど乾燥しないのです。) #フロッシュ#frosch #5日間手肌チャレンジ #手肌にやさしい #手荒れ対策 #pr

おふみ(@ofumi_3)がシェアした投稿 -


#5日間手肌チャレンジ #pr

5日間手肌チャレンジとはなんぞやというと、いつもの食器用洗剤を手肌にやさしいフロッシュに変えて「5日間」食器洗いをしてみるというものです。

肌の変化を見たいので、ハンドクリームなし+ゴム手袋なしで5日間洗い物をしてみました。
肌の写真つきで変化を追いました。

ゴム手袋なし・ハンドクリームなしで食器洗いをしてみた

フロッシュはドイツ生まれの洗剤。
IMG_1741

見たことある方も多いのでは。
わたしも一度、数年前に内祝いでもらったことがありました。

IMG_1742


きつい匂いがないからいいなぁと思っていました。
以前も記事に書きましたが、食器用洗剤のきつい香料が苦手で気分が悪くなってしまうので、個人的に洗剤選びでもっとも重要視しているのが「香りがきつくないこと」なのです。

香りがきつくないだけでなく、ノンアルコール処方なので手肌にやさしく作ってあるそうです。
手肌チャレンジなので、この5日間はゴム手袋を外して素手で洗い物をしてみました。
また、秋口からはこまめにハンドクリームを塗るようにしていますが、肌の様子を見てみたいのでこの5日間はハンドクリームも塗らないことにしてみました。

さて、肌の具合を見てみましょう。

5日間の変化

1日目。

202010手肌1_出力_002

これは10/8の写真です。
ちょうど自宅でできるジェルネイルシールを貼っていた時期でした。

2日目。

202010手肌1_出力_003

爪の付け根のあたりの肌、こころなしか生き生きしているような。

3日目。

202010手肌1_出力_004
202010手肌1_出力_003

指先も手のひらも元気。

4日目。

202010手肌1_出力_005

ハンドクリーム塗ってないのに肌の調子、悪くない。

5日目。

202010手肌1_出力_006

爪の付け根・サイドも目立ったさかむけもなく生き生きしているし、
手の甲も手のひらも水分が適度に行き渡っていて、
この感じは”夏の肌”っぽいなと思いました。
夏はハンドクリームなしでも乾燥せず肌の調子がいいのですが、夏の肌の感じのまま秋を生きている…と感激しました。

まとめ。

IMG_1743

5日間手肌チャレンジをしてみてわかったことは、毎日使う洗剤が手肌にやさしいものかどうかって大きく関わってくるんだな…ということでした。
これまでは洗剤選びにおいて香りのことしか気にしていなかったので、目からうろこでした。

正直、普段はしているゴム手袋を外して洗い物をするので、この5日間で肌は荒れるんじゃないかなと思っていたのです。
結果は肌の調子は変わらず。それってゴム手袋をしている時並みの肌の状態を保てたということなので、驚いています。


おわり。


▼いつも応援本当にありがとうございます。
こちらのバナーをぽちっと押して応援していただけるとすごく嬉しいです。 
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 


こちらもどうぞ。


LINEスタンプ発売中