先日発売された『毎日のムダを9割減らす!忙しくても毎日が整う シンプルライフ入門』に掲載されました!
IMG_3651

表紙が素敵で、手にとった時にそれだけで気分が上向きました。

わたしは「ムダなものを持たない人が買って本当によかったモノ」という特集に載せていただきました。
IMG_3654

見開きで紹介されています。
IMG_3652

外出自粛期間に買ってよかったものについてお話ししています。


「自分が何を愛しているか書き出す」という愛情による分類法

この本の中で紹介されていたものの整理方法がぐっと胸に刺さりました。

「自分が何を愛しているか書き出す」という愛情による分類法が紹介されていました。

IMG_3653

まずはものを「使っている」「使っていない」で分類し、
さらにそれらの使っていないものを「愛している」「愛していない」で分類し、
愛しているものは残し、愛していないものは手放すことを検討するという方法です。

実用性がなくても愛しているものって、人生の幸福度をあげてくれるんですよね。
わたし、これまでアクスタ(アクリルスタンド)とか、そういった立体物のグッズって一切買わないようにしていたのですが、
推しのアクスタを机の上に一つ置くと、ものすごい多幸感に満たされるということを知りました。

これを一つ置くために机の上の他のものは綺麗に片付けようという気持ちになるし、
これが視界に入ると「がんばろう」って思えるんですよね。
夫とちょっとした口喧嘩をしていても、視界にアクスタが見えると「あ、推しの前で誇れる人間でありたい。自分を省みよう」という気持ちになって、喧嘩すら収まるという……。

道具として使うものではないけれど、愛しているものは生活を幸福にする。
愛するものは心の持ちようとか日々生きる姿勢にすら良い影響を与える。

そのことを実感していたので、
「愛しているかどうか」でものを分類してみるという方法は、なるほどなあと思いました。試してみよう。

部屋に置くものは愛するものにしたい。
率先してお手入れしようという気持ちにもなる。
愛しているからといって多すぎては手に負えないので、少数の愛するものを置いて暮らしたい。
というようなことをしみじみ思いました。

もう発売されているので、
書店で見かけたらお手にとってみていただけたら嬉しいです。



↓電子書籍版もあります。
おわり。

▼買ってから3年以上愛用しているものたちについて先日紹介しましたが、
これらのもののことを思うと、幸福な気持ちになります。
買ってよかったなあとか、できるだけ長く使いたいから壊れないで欲しいなとか、愛するが故に失うのが怖いような気持ちもある。
衣類って同じものを数年後に買うのが困難なので……

↓3年以上使っている買ってよかったもの6つ、ファッション編について紹介している動画です。




▼いつも応援ありがとうございます。
こちらのバナーをぽちっと押して応援していただけるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 


こちらもどうぞ。


LINEスタンプ発売中