この木の皿は、2012年から使っています。
IMG_4641

材料は朴の木のはず。
木目が綺麗で、しかもめちゃくちゃ軽いんですよね。

以前、木工ろくろを習っていたのですが、そこで先生が作ったお皿をいただいたものです。
仕上げはしていない状態でいただきました。
もらってすぐにオイルを塗り込んで使い始めました。

IMG_4639

木の皿に焼いたパンを載せると、適度にカラッとして美味しいんですよね。
そのまま食器棚に保管していても、陶磁器の器と違って冷たくなりすぎないので、そのまま載せてもパンの温度が下がらない感じがあってまた美味しい。

ですが、オイル塗装の食器というのはこまめにオイルを塗りこむというお手入れが必要です。
そんなことはわかっていたのに、わかっていたのに、
結局オイルを塗りこむこともせず今日まで使い続けてしまいました。
おかげで裏側が黒くなっている……

IMG_4640


こうなってしまったから、手放さそうと思いました。
何回も思いました。
今日だって本当は、このお皿を手放すつもりで、その前に思い出に写真に収めてから手放そうと思ってカメラを手にしました。
でもやっぱり手放せなくて。

お店で木の皿を見ても、これ以上に好みの材質・木目・軽さのものには出会えませんでした。
オリーブっぽい感じの木の皿はよく見かけるんですけどね。重いんですよね。
思い出も蘇る。

可能なのであれば、これを復活させて使い続けたい。
やっぱり、やっぱり延命したい。

一回頑張ってみてからでないとやっぱり手放せないなと思い、
ペーパーやすりを買ってくることにしてみました。
復活させられたかどうか、またブログに書きたいと思います。



おわり。


▼いつも応援ありがとうございます。
こちらのバナーをぽちっと押して応援していただけるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 


こちらもどうぞ。

手放したけど手放せない服。


手放したいけど手放せずにいたハンドクリーム、いやそれ何年前のだ?!


親戚からのプレゼントを手放せなくて悩んでいる方のお悩み相談。

LINEスタンプ発売中