視界に入るものって「あって当たり前」と思ってしまって、
そうなると減らすという発想がなくなって、どんどん足し算思考になります。

片付かないからものを減らそう!じゃなくて、
片付かないから収納用品を買い足そう!という方向に進みがちで。

そこでものを増やさないコツは、「これってなくてもいけるのでは?」という引き算思考を持つことだなと思います。

案外なくてもいけるのでは?というレーダーを部屋中に照射するイメージ。
なくてもいけそうなものがレーダーにひっかかったら、期間を決めて、お試し”なし生活”してみます。

やっぱり必要だなと思ったら戻せば良いですし、
「なくてもいけたなぁ。掃除楽になったなぁ」と思えば手放す。

なんでもお試し期間を設けるのはいいですね。

自分を説得する根拠になりますし。
「〇ヶ月なしでいけたんだから、これからもきっとなくて大丈夫だろう」という。

IMG_6265


というお話を、隔週で連載させてもらっているCHANTO WEBさんで公開しました。
こちらからどうぞ。


過去の連載記事はこちら。

おわり。


▼いつも応援ありがとうございます。
こちらのバナーをぽちっと押して応援していただけるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 

LINEスタンプ発売中