筋トレを始めました。

きっかけはSeiyaさんのツイートを見かけたこと。


「お金もジムも無くても人は変われる。」
という言葉を見て、ハッとしました。

何ヶ月もジムに通うか、お金がもったいない、なら近所を走るか、いやでも一人では続けられなさそう、でも誰かと予定を合わせたりせず毎日運動したい、でも、でも…と悶々としていましたが、
そうだ今この瞬間に筋トレは始められるし、ジムに通わなくても一人でできるじゃないか気付かされました。

筋トレしたらツイートするという方法で習慣化を図っています。

筋トレを始めた2つの理由。睡眠の質をあげて日中のパフォーマンスをあげたい、秋冬も厚着せず肩こり知らずで過ごしたい。

ここ1,2年、食欲が落ちて、合わせて体重が落ちました。
原因はおそらく2年に1回ペースで急性胃腸炎にかかっていることで、その打撃が半年ほど残って食べる量がじわじわ減っていました。
お酒を飲むと食欲のストッパーが外れていくらでも食べられる感じる(これは勘違い)ので、人と飲むとたくさん食べられるものの、普段食べる量を大きく超えているので帰宅してから戻したことも何度かあります。
このままではいけない。人並みに食べて体力をつけて、お酒と料理を美味しく楽しみたいと思いました。
marinated-salmon-picjumbo-com


2つの目標があります。

1つは睡眠の質を上げて日中起きている時のパフォーマンスを上げたいということ。
たくさん眠れば日中眠くならない。
そのためには質の良い睡眠をする必要がある。
ならば適度な運動をして体を疲れさせてぐっすり眠る必要がある。


もう1つは、秋冬も気分を上げて過ごしたいということ。
私は秋冬がどうしても好きになれないのですが、原因は代謝が低いことにあるのではないかと思ったのです。
鍋や温泉や冬の夜道を歩くのは好きなのですが、それはそれとして冬の寒さがどうしても耐えられない。寒すぎてイライラするのです。
なぜこんな厚着をしなければならないのか?
なぜこんな寒い寒いと言って肩が凝る体勢や服装をしないといけないのか?と季節に対して怒りの感情が湧いてきます。

そしてふと気付きました。
ならば筋肉と脂肪を適度につけて体温を上げれば、冬も凍えて過ごさなくて済むし、厚着しなくていいのでは?と。

blonde-woman-running-over-the-pedestrian-crossing-picjumbo-com


筋肉をつけて代謝を上げて体温を上げれば冬も厚着しなくて済む。
筋トレすればお腹が減ってたくさん食べるし、食べると体が温まる。
根本的に普段から食事量を増やして、筋肉と脂肪を適度につけて体重を増やし、代謝をあげて冬を普通に過ごせる肉体にしたいです。

という2つの理由で筋トレを始めようと思いました。

ジムは高いなと思っていたけれど。

cardio-running-on-a-treadmill-picjumbo-com

筋トレや運動をするならやはりジムだろうと思い、近所のいくつかのジムのチラシを見ては金額の高さに打ちのめされて悩み続けてきました。
温泉付きのジムにすれば温泉がご褒美になって続くのでは?いやいや、でも月に8,000円は高いし、この距離はバスか自転車でないと行けないけど、週に1日3時間くらい時間をとれるだろうか?毎週なんて?
なら駅の近所で契約するか?
でも毎日電車に乗るわけではないから暮らしの動線に含まれていない。わざわざジムのためだけに通えるだろうか?
なら家の近くの公園まで自転車で行って走ってはどうか?いやひとりで走れる気がしない。ランニング友達が欲しい。でも毎週予定を合わせられるかわからない。というかできれば毎日運動したいし…
などと悶々考えて数ヶ月が経ちました。

そんな時にSeiyaさんのツイートを見たのです。
「お金もジムも無くても人は変われる。」

本当にハッとしました。
目からウロコでした。筋トレは家ですぐに始められるし、お金がもジムもなくても人は変われるんだと思い、すぐさま筋トレを開始しました。

寝る前5分筋トレ。ズボラでも続くエクササイズ6つ

今から4年くらい前にJJDancerのエクササイズを毎晩取り組んでいたことがありました。
あの時は数ヶ月続いたかな?友達と集まって夜にランニングしてた頃です。

筋トレなしで取り組めるというのが魅力でした。

・JJDancerの世界一周と直角ヒンジ

5つのエクササイズがあったものの、記憶に残っていたのは2つ。
この動画の2「世界一周」(1:31〜)と4「直角ヒンジ」(3:11〜)です。この2つをしています。

・Seiyaさんの#独房トレ

それからSeiyaさんの「たった4分で全方位から腹筋を破壊、独房式・脂肪燃焼腹筋サーキット#2」の動画を見ながら、4つの筋トレ「リバース・トゥ・スラスト」「スカイ・タッチ」「スパイダーマン・プランク」「バイシクル・クランチ」を順番に試しています。


筋トレしたらツイートするという方法で習慣化を図る。

誰と待ち合わせるわけでも、月額費用がかかっているわけでもないので、ひとりでは筋トレが続かないかもしれないと危惧しました。
そこで私は、筋トレしたらツイートするという方法で習慣化を図ることにしました。

取り組む時間も決めました。
寝る前です。
筋トレ

なぜこの時間かといえば、冬の寝る前に手足が冷えた状態で布団に入ると手足があったまるまで入眠できないので、電気毛布頼りでした。
寝る前に筋トレすれば体がポカポカになってすっと眠れるかもしれないと思いました。
実際に筋トレ後は手足の先まであたたかく、体が適度に疲労しているので、布団に入った後に読書を始めると2ページくらいで文章が認識できなくなっていってスーッと眠りにつけます。

筋トレに取り組んだことをSNSにあげることで、ゆるやかな監視になるので続けるモチベーションになります。
手帳を続けるコツと全く一緒ですね。

さて、一ヶ月後の今頃もちゃんと続いているだろうか。
おわり。

▼ポチッと応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

こちらもどうぞ。



新刊、『小さな暮らしは生きやすい』が2021年12月9日に発売になりました! Amazonでのご購入はこちらから。書籍もKindle版もあります。
 ↓  ↓  ↓



楽天ブックスでのご購入はこちらから。書籍も電子書籍楽天koboもあります。
 ↓  ↓  ↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小さな暮らしは生きやすい [ おふみ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/11/29時点)




LINEスタンプ発売中