プレゼントって難しいですよね。
人から贈られたものは気に入っていなくても手放すのが難しいものです。

毎月いい住まいさんで連載しているお悩み相談、
今回はかなり難しいご相談内容でウンウン唸ってしまいました。

新卒入社をした4年前の春に「これから着ることもあるだろうから」と遠方に住む祖父母に買ってもらった喪服を手放せず困っています。
店員さんに「喪服は着る頃には太っていて入らなくなるものだから!」と言われサイズも少し大きめですし、デザインも祖父母が普段行くブティックで祖父母が選んだものだったので年齢的に私には合わないものなのですが、買ってもらった時の祖父母の満足げな様子を思い出すとなかなか手放せません。
数年に1度しか着ない物であることを思うと、周囲に失礼なレベルでなければ多少デザインやサイズが合わなくても良いかとは思いますし、せめて祖父母の時にはこれを着たいと思ってとってあるのですが、ハンガーにかけておかないとしわになってしまうのでクローゼットを圧迫しますし、いわゆる「一軍の服」ではないです。
こういった好きではないけれど手放せない物は、どう折り合いをつけたらいいのでしょうか。



というご質問です。
大切な家族からもらった喪服が手放せず、手放すべきか持ち続けるべきか悩んでいるというお悩み。
自分ならどうするかじっくり考えてみました。

この記事を読んでくださっている方へ、あなただったらどうされますか?
教えてほしいです。



私はこう考えました。
↓こちらのリンクからご覧いただけます。



 過去のお悩み相談記事もどうぞ。

↓親戚からもらったアクセサリーが好みでなく、どうするか迷っているというお悩み相談です。







おわり。



新刊、『小さな暮らしは生きやすい』が2021年12月9日に発売になりました! Amazonでのご購入はこちらから。書籍もKindle版もあります。
 ↓  ↓  ↓



楽天ブックスでのご購入はこちらから。書籍も電子書籍楽天koboもあります。
 ↓  ↓  ↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小さな暮らしは生きやすい [ おふみ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/11/29時点)




LINEスタンプ発売中