5780332a

今使っている冬物ストールは2017年から愛用してきたのですが、
傷みが気になってきたのと、首回りのちくちくが気になってきたので、買い替えすることにしました。


最近は、肌着しかり下着しかり、
肌に触れるものの不快感をできるだけ取り除いて、快適にしていきたいという思いが強くなってきました。
IMG_0098


ストールも肌触りが良くて、できれば長年使えるもので、なおかつ外でも家の中でも使えるものが欲しいなと思いました。


以前店頭で見かけて、肌触りに感激したジョンストンズ オブ エルガンのカシミヤのストールがずっと気になっていたので、
今回お店に訪れて、チェックも無地も含めていろいろな色を試してみました。

愛用して5年目に入ったチャーチの革靴がとても気に入っていて、
また先日財布をアップデートする時にもお邪魔した、お店のブリティッシュメイドにお邪魔しました。

5年前に革靴を買った時の接客が、雪国&立ち仕事の悩みに寄り添ってくれてすごくよかった上、
前回のマネークリップについても、自分一人で買い物していたらたどり着けなかったものでしたが、相談したことで自分が暮らしの中で求めるものを的確にアドバイスしてもらえて、この財布を選べました。
そして、靴も財布も大満足だったので、本当に感謝しているのです。
長年使いたいものを探すときはこのお店を覗いてみようという自分の中での定番になってきました。

店員さんに、ちくちくしなくて家の中で羽織りとしても使えるストールを探しているとご相談してみました。


今回新しいストールに求めたポイントは以下の通り。
IMG_1C33D75A3BB9-1


店員さんに教えていただいたことで一番ぐっときたのは、
ジョンストンズのタータンは「100年経っても古くならないであろう柄」だという一言。

何百年も前から存在するタータンで、この先も古くならないという話でした。

傷んだら同じものを買い替え続けられるような定番を見つけたいという願望があるのですが、
100年後も古くならないであろう柄なんて最高だ…と思いました。

この言葉に心掴まれて
自分としては珍しくチェックと、
そして無地の2本でめちゃくちゃ悩みましたが、
店員さんに相談しながら自分が求めているものが見えてきて、最終的にベストな1本を選べました。


YouTubeに動画をアップしました。
大判ストールの巻き方もプロに教わって大満足でした。この方法も動画内で紹介しています。

動画はこちらからどうぞ。
 ↓  ↓  ↓


▼最終的に選んだストール
Rust(ラスト)
WA56 Woven Stole 190×70(プレーン)



▼ギリギリまで購入を悩んだストール
Silver Bannockbane(シルバーバンノックベーン)
WA56 Woven Stole 190×70(チェック)


おわり。


▼いつも応援ありがとうございます。
こちらのバナーをぽちっと押して応援していただけるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村





新刊、『小さな暮らしは生きやすい』が2021年12月9日に発売になりました! Amazonでのご購入はこちらから。書籍もKindle版もあります。
 ↓  ↓  ↓



楽天ブックスでのご購入はこちらから。書籍も電子書籍楽天koboもあります。
 ↓  ↓  ↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小さな暮らしは生きやすい [ おふみ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/11/29時点)




LINEスタンプ発売中