畳があるような「和なリビング」に興味があります。

みなさんの実家には畳ってありましたか?
私は畳で過ごす時間が好きでした。
そのおかげで、実家を出て以降も一人暮らしの部屋を除いては、
全て畳ありの部屋を選んできました。

リビングはダイニングとセットで洋室であることがほとんどだと思いますが、
私はくつろぎの間には畳があってほしいなと思います。

53f638b9

私にとって憧れの空間はずっと変わらず
・お寺のお庭拝観のお部屋
・旅館の客室 
です。



ガラーンとして無駄なもののない空間。
でもくつろぎ感とあたたかみがある、そんな部分に惹かれます。

畳の空間にはメリットもたくさん。

部屋を多用途に使えます。

例えば、来客があった時に何人でもテーブルを囲めたり、
布団を敷けば寝室になったり、
服を作るのに型紙を広げたり。

ミニマルな暮らしの味方だと改めて感じました。
D13490C6-0C28-44D9-B33D-9020FCFE2384


SHOEIさんの家づくりから学ぶ『取り入れたい部屋作り』
連載第二回は「和なリビング編」が公開されました。

洋室のダイニングと一続きのモダンな雰囲気の「和なリビング」の事例を
SHOEIさんの家づくりから見ていきます。

連載第二回の投稿はこちらからどうぞ
 ↓ ↓ ↓


おわり。


▼いつも応援ありがとうございます。
こちらのバナーをぽちっと押して応援していただけるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






新刊、『小さな暮らしは生きやすい』が2021年12月9日に発売になりました! Amazonでのご購入はこちらから。書籍もKindle版もあります。
 ↓  ↓  ↓



楽天ブックスでのご購入はこちらから。書籍も電子書籍楽天koboもあります。
 ↓  ↓  ↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小さな暮らしは生きやすい [ おふみ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/11/29時点)




LINEスタンプ発売中