最近は、徐々に”服の我慢”を手放していっています。
どんどん楽に、暮らしやすくなってきました。

1111動画サムネ案_001

昨年はぴったりめのタートルネックのニットやデニムをやめてみましたが、本当に楽になりましたね。
肩が凝らない。
肩が凝らないと秋冬がちょっとだけ嫌いじゃなくなる。(私は秋冬が本当に苦手)

不快を手放すって、苦手だった季節をちょっと好きになれるということで、
つまり、これまで沈んだ気分で過ごしていた一年の半分(10〜3月)が生きやすくなるということ。
それって、人生が生きやすくなる、ということだと感じました。

服選びって大事だ…。
なら、どんどん不快は手放そう。

そんな感じで、服の見直しをしています。

今回は以下の二つの問題、
1.秋口の温度調整のカーデ、バッグの中でシワになる問題
2.アウター重すぎる問題

この二つを解決できる、相棒と言える服に出会えました。

05.00_00_01_23.静止画002

1.秋口の温度調整のカーデ、バッグの中でシワになる問題

9月10月、日中は暑いけど日が沈むと寒い時期に温度調節に悩みます。

薄手のカーディガンや薄手のMA-1をバッグに畳んで持ち運ぶようにしてみても、
いざ着ようと思った時にはシワになっているんですよね。

シワが様になるナチュラル系の格好ならいいのかもしれませんが、そうではないので……。
パリッとした服を着たいので、悩みでした。

日中プロデューサー巻きしておいてもいいのですが、背中が熱くて背中に汗をかくんですよね。

そして、このシワ問題を解決するニットカーデ(というかボレロ)に出会えました。

1109 06.00_03_36_14.静止画008のコピー


▼ハイテクニットボレロ
カラー:グリーン


全然シワにならないんですよね。感激。

あと洗ったらすぐ乾きます。
速乾の服は旅のお供に良いんですよね。

2.アウター重すぎる問題

一年前に、こんなツイートをしていました。


もう軽いアウターしか着たくないんですよね。
重いアウターを着て歩いていると、気分が悪くなってきてしまいます。
特に混んだ電車内×暖房ガンガンという状況で重いアウターが掛け合わさると引き起こされることが多いです。

それで、自分はこんなアウターが欲しいなという条件を洗い出してみました。


条件は3つありました。
1.風を防げる外側の素材
2.中はボア系で暖かい+軽い
3.ゆとりがあって肩が凝らない

一年後に、全てをクリアするアウターに出会えました。感激。
1109 06.00_03_36_14.静止画008のコピー2

(2つめの条件は、ボアじゃなくてライナーという形で解決)
ライナーだと暑い時に脱ぎ着できるので良いですね。

05.00_05_27_09.静止画016

こういう条件を満たすものって、山登り用とかアウトドア系じゃないと見つからないかなー、でも普段の格好がアウトドアって感じじゃないからフィットしないんだよなー、と思っていましたが、 ハイテク素材×普通に普通のタウンユースできるデザインなのが嬉しかったです。
普段の装いに合うので。

▼3WAYバックタックモッズコート
カラー:カーキ


特に
・寒がりなのに汗かきな方(温度調節できるものを探している方)
・肩がゆったりしたアウターを探している肩幅広の民
こんな方におすすめしたいです。


動画で詳しくお話ししてます。
こちらからどうぞ。



おわり。


▼いつも応援ありがとうございます。
こちらのバナーをぽちっと押して応援していただけるとすごく嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


こちらもどうぞ。
▼服の我慢を手放した話第一弾、デニムとヒールをやめた話。


▼取引先とのZoom打ち合わせ、九割九部このワンピース着てる。本当にこれぞ制服。





新刊、『小さな暮らしは生きやすい』が2021年12月9日に発売になりました! Amazonでのご購入はこちらから。書籍もKindle版もあります。
 ↓  ↓  ↓



楽天ブックスでのご購入はこちらから。書籍も電子書籍楽天koboもあります。
 ↓  ↓  ↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小さな暮らしは生きやすい [ おふみ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/11/29時点)




LINEスタンプ発売中